2015年09月

第4回クラシックソムリエ検定 検定会場決定しました

2015年09月25日

第4回クラシックソムリエ検定の会場が決定しました。

その他の要項については、検定ページをご参照ください。

皆さまのお申込みをお待ちしています!

会場一覧

地域 会場名 会場地図 グレード
札幌 STV本社アネックス [MAP] エントリークラスシルバークラス
仙台 日立システムズホール仙台 [MAP] エントリークラスシルバークラス
東京 学習院大学
目白キャンパス
[MAP] エントリークラスシルバークラスゴールドクラス
千葉 美浜文化ホール [MAP] エントリークラスシルバークラスゴールドクラス
静岡 リビングカルチャーセンター [MAP] エントリークラスシルバークラス
浜松 アクトシティ浜松
研修交流センター
[MAP] エントリークラスシルバークラスゴールドクラス
名古屋 愛知学院大学
名城公園キャンパス
[MAP] エントリークラスシルバークラス
岐阜 ふれあい福寿会館 [MAP] エントリークラスシルバークラス
金沢 石川県立音楽堂
交流ホール
[MAP] エントリークラスシルバークラスゴールドクラス
大阪 AAホール 本館 [MAP] エントリークラスシルバークラスゴールドクラス
岡山 山陽新聞社 [MAP] エントリークラスシルバークラス

※各開催会場へ検定に関するお問い合わせをしないでください。検定に関するお問い合わせは、下記の連絡先へお願いします。

クラシックソムリエ検定に関するお問い合わせは、各会場ではお応えできません。

検定専用ダイヤルへお電話ください
027-350-5015(平日10:00~17:00)

検定以外のお問い合わせはこちらまで
03-6300-6527(平日10:00~17:00)

11/30(月) 青柳晋 ピアノリサイタルVol.3

2015年09月25日

青柳晋

G-Call Clubサロン3度目の登場。
フランツ・リストをも彷彿とさせる端正かつ技巧の立ったピアニズムを聴かせます。

青柳晋プロフィール

ニカラグアで生まれ、米国で5歳よりピアノをはじめる。
9歳のときにフォートワース交響楽団と協演、コンチェルト・デビュー。
19歳の時にベルリン芸術大学に留学。
ロン=ティボー国際コンクールに入賞後、 パリ日本大使館、ラジオ・フランス、旧西・東ドイツ各地からアメリカに至るまで各地で演奏。

1997年、ポリーノ国際ピアノコンクール、1998年、ハエン国際ピアノコンクール、 アルフレード=カセッラ国際ピアノコンクールで1位受賞。
2001年ロンドンで収録された「リスト:ピアノ作品集」がリリース、以降7枚のCDをリリース。
2012年3月にはカーネギー・ホールにてデビュー・リサイタルを開催し、現地メディアより大絶賛を博す。

現在、東京藝術大学准教授。

イベント情報

日時
11月30日(月) 開場-18:30 開始-19:00
募集人数
50名
参加費
3,500円(税抜) 1ドリンクつき
開催場所
東京デザインセンター5階 「G-Call Club」サロン [MAP]
アクセス
JR山手線 五反田駅東口より徒歩2分
都営浅草線 五反田駅A7出口正面
東急池上線 五反田駅より徒歩3分

東京デザインセンター公式ページ

お申込み
「G-Callサロン」ホームページ

11/20(金) 高橋多佳子 ピアノ・リサイタル

2015年09月18日

高橋多佳子プロフィール

桐朋学園大学音楽学部卒業後、国立ワルシャワ・ショパン音楽院大学院研究科を最優秀で修了。

第12回ショパン国際ピアノコンクール第5位入賞、ラジヴィーウ国際ピアノコンクール日本人初の第1位を始め、数々の国際コンクールに入賞。ソロ・リサイタルやオーケストラとの共演など、演奏活動は日本とポーランドを拠点にほぼ全ヨーロッパに及ぶ。第22回日本ショパン協会賞受賞。

CDはこれまでに全12タイトルをリリース。なかでも、ショパンの作品を時代ごとに取り上げた『ショパンの旅路』(全6タイトル)シリーズは、その企画性と高い芸術性が話題を呼び、ベストセラーとなっている。また2006年10月には、ロシアの2大作品をカップリングしたNewアルバム『ラフマニノフ/ピアノ・ソナタ 第2番&ムソルグスキー/展覧会の絵』をリリース。

最近では、ピアニスト宮谷理香との実力派ピアノデュオ・ユニット<Duo Grace>を始動させ高い注目を浴びるなど、ますます意欲的な活動を展開している。

イベント情報

日時
11月20日(金) 開場-18:30 開始-19:00
募集人数
50名
参加費
3,500円(税抜) 1ドリンクつき
開催場所
東京デザインセンター5階 「G-Call Club」サロン [MAP]
アクセス
JR山手線 五反田駅東口より徒歩2分
都営浅草線 五反田駅A7出口正面
東急池上線 五反田駅より徒歩3分

東京デザインセンター公式ページ

お申込み
「G-callサロン」ホームページ

11/6(金) 前田朋子とオーストリア音楽とワインを楽しむ会 with 岩崎洵奈

2015年09月16日

前田朋子は巨匠スコダと共演するウィーン在住のヴァイオリニスト。
岩崎洵奈はウィーン国立音楽演劇大学首席卒業の注目の若手ピアニスト。

音楽の都ウィーンを知り尽くした二人と一緒に音楽&ワインを楽しみます。
名器ベーゼンドルファー、ヨハンシュトラウス・モデルが響きます。

演奏予定曲

  • シューベルト: ソナチネ第1番
  • モーツァルト: メヌエット
  • シュトラウス2世: ワルツ 「美しき青きドナウ~ウィーン気質~ウィーンの森の物語」
  • ブラームス: ハンガリー舞曲第5番
  • その他オーストリア音楽

Groszer Wein(グローサー・ワイン)試飲予定ワイン

オーストリア・南ブルゲンラントに位置するワイン蔵のGroszer Weinは、アイゼンベルクというハンガリー国境に近い所にぶどう畑があります。以前はVinum Ferreumというワイナリーでしたが、そのワインを気に入ったマティアス・クリューン氏が2012年に買い取り、2013年3月よりGroszer Weinというブランドでスタートしました。オーストリアの有名なデザイナーがラベルを担当。ウィーン楽友協会で毎年1月に行われているウィーン三大舞踏会の一つである、ウィーンフィルのバルのイメージにぴったりという事で、現ウィーンフィル団長のグロースバウアー氏(当時バル担当)が気に入り、2014年以降のバルから、ラベルのデザインを取り入れた特別バーが作られ提供しています。

オーストリア・アンチエイジング協会の会長さんマルクス・メツカ氏は著名な産婦人科医で、彼の書いたアンチエイジング関係書のワインについての本で触れているのですが、アイゼンベルクの土地のワインは、ヨーロッパ一のアンチエイジング成分が含まれていると書かれています。今回は2種類の試飲を行いますが、銘柄のブラウフレンキッシュは、オーストリア原産のぶどう品種です。

このGroszer Weinの特徴としますと、1L瓶であるので、たっぷり頂けるのが魅力です。それで、Groszer Wein(グローサー・ワイン/大きなワイン)と命名されました。そもそも、ナポレオンが当時、兵士たちが一日に飲んで良いワインの量を750mlと決めたのが、現在の通常のボトルの量のきっかけなのだそうです。そして、Groszerという綴りは、ドイツ語を学んだ事がある方なら、あれ?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、昔はドイツ語のßをszと書きました。ブランドのイメージも100年くらい前の古き良き時代のオーストリアですので、綴りやデザインもこだわったそうです。

プロフィール

前田朋子プロフィール

3歳よりヴァイオリン,4歳よりピアノを始める。4歳から12歳までドイツで生活。
桐朋女子高等学校音楽科,桐朋学園大学を経て、1995年デュッセルドルフ・ロベルト・ シューマン音楽大学を首席にて卒業。

【主な受賞歴】

1992年蓼科音楽祭奨励賞受賞。
1995年第29回ティボール・ヴァルガ国際 ヴァイオリン・コンクールにて「特別賞」受賞。 1999年デュッセルドルフ・ロベルト・シューマン音楽大学にて、ドイツ国家演奏家資格を満場一致の最高点で取得。
その後、日本やヨーロッパ各地にて、数々の室内楽 やソロで活躍。
これまでに梅津南美子、尾関えりか、豊田耕児、石井志都子、ミヒャエル・ガイザー、ディボール・ヴァルガ、エーリッヒ・ヘーバルト、パウル・バドゥラ=スコダ各氏に師事。
使用楽器はアンドレス・ヘリンゲ氏によるストラディヴァリ1709年のコピー(2009年)。
2011年と2013年に、グラモーラとOnepoint.fmよりバッハの無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ全曲、2014年にベートーヴェンとシューマンのヴァイオリンソナタ(ピアノ:小野潤子)、モーツァルト・シューベルト・クライスラーのアルバム(ピアノ:パウル・バドゥラ=スコダ)のCDをリリース。

岩崎洵奈プロフィール

東京藝術大学音楽学部器楽科卒業。ウィーン国立音楽演劇大学ピアノ演奏科首席卒業、現在同大学院在籍中。
文化庁海外派遣研修員。数々の国際コンクールで入賞を重ね、2010年第16回ショパン国際ピアノコンクール(ワルシャワ)ディプロマ賞を受賞し、審査員のマルタ・アルゲリッチ氏より賞賛を受ける。

2011年にはウィーン楽友協会にてリスト生誕200年記念コンサートに出演するなど、オーストリア、スペイン、ポーランド、ベルギー、ドイツなどヨーロッパ各地でソロリサイタルへの出演やオーケストラと共演する。
2012年度シャネル・ピグマリオンデイズ参加アーティスト。三ツ橋敬子指揮セントラル愛知交響楽団定期演奏会、名古屋フィルハーモニー交響楽団や現田茂夫指揮、神奈川フィルハーモニー管弦楽団と共演を重ねる。ヴァイオリニストのセルゲイ・マーロフと日本ツアーにて共演し、各地で好評を博す。
2014年には地域創造・公共ホール音楽活性化アウトリーチ・島根フォーラムアーティストとして演奏するなど、現在、国内・海外でも活躍の場を広げる新進気鋭のピアニストとして注目されている。

藤井博子、笠間春子、青柳晋、田部京子、フェルナンド・プチョール、海老彰子、アキレス・デレ=ヴィーニェ、マインハルト・プリンツ、ヤン・ゴットリーヴ・イラチェックの各氏に師事。
2015年7月、日本アコースティックレコーズよりソロ・アルバムでCDデビュー。

イベント情報

日時
11月6日(金) 開場-18:30 開始-19:00
募集人数
50名
参加費
3,500円(税抜) オーストリアワイン試飲付き
開催場所
東京デザインセンター5階 「G-Call Club」サロン [MAP]
アクセス
JR山手線 五反田駅東口より徒歩2分
都営浅草線 五反田駅A7出口正面
東急池上線 五反田駅より徒歩3分

東京デザインセンター公式ページ

お申込み
G-Callサロンホームページ

10/2(金) 下山静香 ピアノリサイタル Vol.2

2015年09月10日

スペイン・中南米音楽の第一人者として活躍するピアニストであり、東京大学で教鞭をとる才媛である「裸足のピアニスト」下山静香が、ウィーンをテーマにモーツアルト、シューベルトを演奏します。

スペインで長く学び、「スペインの心を持つピアニスト」と呼ばれる下山静香。
昨年10月に、G-Call Clubサロンで、その情熱的かつ哀切を感じる ピアニズムを披露しました。満を持して再登場。

今回は、『モーツァルト&シューベルトに浸る夜』。ベーゼンドルファーで奏でるウィーンの響きを堪能出来ます。

演奏予定曲

  • W.A.モーツァルト: ロンド KV494
  • ロンド KV485
  • ロンド KV511
  • F.シューベルト: 3つのピアノ曲 第1曲 D946-1
  • シューベルト=リスト: 春の想い / 糸を紡ぐグレートヒェン
  • F.シューベルト: 楽興の時 D780

下山静香プロフィール

桐朋学園大学卒業。 同・室内楽研究科修了。
ヨーロッパ各地での音楽祭・マスタークラスに参加、演奏会に出演。

99年、文化庁派遣芸術家在外研修員としてスペインのマドリードへ。故R.M.クチャルスキのもとで研鑽。 その後バルセロナのマーシャル音楽院にて、C.ガリガ、故C・ブラーボ、故A.デ・ラローチャの薫陶を得る。アランフェス、マドリード、バルセロナほかに招かれリサイタルを行い、「スペインの心を持つピアニスト」と賞される。

これまでNHKスペシャル・ドキュメンタリーやドラマ、美術展などにおいてピアノ演奏を数多く担当。 NHK-BSプレミアム「クラシック倶楽部」、NHK・Eテレ「ららら♪クラシック」、NHK-BS「ぴあのピア」、 TBS-BS「本と出会う」、フランス国営放送ラジオなどに出演。

室内楽・二重奏も重要な活動軸とし、これまでにチェコ三重奏団、ウィーン・ヴィルトゥオーゾ、チェコフィルハーモニー六重奏団、S.フッソング(acco.)、 M.ホッセン(vl)、A.ニクレスク(vc)、R.シメオ(trp)などの海外アーティストと共演。 スペインと中南米の室内楽を紹介する主宰シリーズをはじめ、ソロ、室内楽双方で個性的な演奏会シリーズを複数継続中。

リリースCDは5枚。「知性と感性に優れた演奏」(レコード芸術)、「透明な抒情性と詩情に満ちた佳演」(レコード芸術)などと評されている。

現在、ピアニストとして国内外で活発な演奏活動を展開するかたわら、執筆・講演・朗読とこなすユニークな存在として注目を浴びる。 共著6冊、翻訳書(スペイン語を和訳)1冊、日本語からスペイン語への共訳書多数、校訂・解説楽譜2冊がある。

桐朋学園大学音楽学部、東京大学教養学部 各非常勤講師。

イベント情報

日時
10月2日(金) 開場-18:30 開始-19:00
募集人数
50名
参加費
3,500円(税抜) 1ドリンクつき
開催場所
東京デザインセンター5階 「G-Call Club」サロン [MAP]
アクセス
JR山手線 五反田駅東口より徒歩2分
都営浅草線 五反田駅A7出口正面
東急池上線 五反田駅より徒歩3分

東京デザインセンター公式ページ

お申込み
https://www.g-call.com/seminar/index.php?semi_no=143

9/25(金) きっとオペラが好きになる!人生を変えるオペラ講座

2015年09月09日

世界最高峰のオペラを気軽に堪能!

世界のオペラファンの憧れ、ニューヨークのメトロポリタン・オペラ(MET)。
その最新オペラを映画館の大スクリーンに上映する「METライブビューイング」の公開に先駆けて、オペラの楽しみ方、見どころを分かりやすく解説します。

講師名: 加藤浩子

加藤浩子

東京生まれ。慶応義塾大学大学院修了(音楽学専攻)。
慶応義塾大学講師、音楽評論家。
著書に「今夜はオペラ!」「ようこそオペラ!」(春秋社)、「バッハヘの旅」(東京書籍)、「ヴェルディ」(平凡社新書)ほか単著、共著多数。
METをはじめ欧米へのオペラ、音楽ツアーの企画同行も行っている。

「敷居が高い」と思われがちなオペラ。けれど実はオペラの名曲は私たちのまわりにあふれているし、人気オペラのストーリーは恋愛映画そのもの。それでいて、歌手の生声と迫力のオーケストラ、豪華な演出が織り成す舞台の魅力は天下一品です。

この講座では、世界の三大オペラハウスのひとつに数えられるニューヨークのメトロポリタンオペラ(通称:MET)で収録された映像をご紹介しながら、オペラの楽しさ素晴らしさに迫ります。
大人気演目《トゥーランドット》をはじめとするメトロポリタンオペラ自慢の絢爛豪華なステージを、大人の隠れ家でワイン片手にお楽しみください。

講座のみの参加は、2,000円(税別)
講座+METライブビューイング鑑賞券(通常3,600円相当が2,900円!)は、4,900円(税別)

METライブビューイング2015-16は、今秋、新宿ピカデリー、東劇他全国にて開演します。
≪イル・トロヴァトーレ≫≪トゥーランドット≫≪蝶々夫人≫など豪華10演目を順次上映します。
詳細は公式ホームページをご覧ください。⇒ MET Live Viewing 2015-16
日時
9月25日(金) 開場-18:30 開始-19:00
募集人数
それぞれ50名
参加費
講座のみ:2,000円(税抜) 1ドリンクつき
講座+METライブビューイング鑑賞券:4,900円(税抜)1ドリンクつ ※通常5,600円
開催場所
東京デザインセンター5階 「G-Call Club」サロン [MAP]
アクセス
JR山手線 五反田駅東口より徒歩2分
都営浅草線 五反田駅A7出口正面
東急池上線 五反田駅より徒歩3分

東京デザインセンター公式ページ

お申込み
https://www.g-call.com/seminar/index.php?semi_no=161