イベント

4/23(日)-第10回名盤鑑賞会のお知らせ

2017年04月07日

日本一!?との呼び声も高い、
究極のオーディオルーム「サロンドミュージック吉原」にて
大変ご好評をいただいている『名盤鑑賞会』を
4月23日(日)に開催しますので
どうぞご参加ください。

第10回名盤鑑賞会のお知らせ♪♪♪

日時
4月23日(日)

東京:JR中央線武蔵境駅

*改札口で13時45分集合
*14時開始~17時終了予定
*鑑賞会参加費:2,000円(税込・事前お振込み)
*参加者は、10名様前後までの予定です。

鑑賞予定曲
1.ベートーヴェン/ピアノ・ソナタ第14番嬰ハ短調 Op.27-2 「月光」
エフゲニー・ザラフィアンツ(p)

2.ベートーヴェン/ピアノ協奏曲第2番変ロ長調 Op.19
エミール・ギレリス(p) ジョージ・セル/クリーヴランド管弦楽団

3.リムスキー・コルサコフ/交響組曲 Op.35「シェエラザード」
シドニー・ハーツ(v) フリッツ・ライナー/シカゴ交響楽団

4.メンデルスゾーン/交響曲第3番イ短調 Op.56 「スコットランド」
オットー・クレンペラー/フィルハーモニア管弦楽団

5.その他

*都合により変更になる場合もありますので予めご了承ください。

ご参加お申込み方法
4月21日(金)午後13時までに

件名:第10回鑑賞会参加
・お名前
・お電話番号

をお書きの上、

salon001★classicsommelier.jp
(スパム防止の為 ★→@へ変えてください)

まで、メールをお送りください。
自動返信にて折り返しご連絡させていただきます。

**重要**
パソコンからのメールを拒否する設定になっていると自動返信メールを受信できませんので、必ず設定を「受信する」にしておいてください。

**重要**
もし、お申し込み後30分以内に自動返信メールが届かない場合は、
再度上記メルアドへ「返信届かない」とお書き添えの上、再送信お願いします。

◆5月は5月21日(日)開催予定です。

第9回『名盤鑑賞会』
 /@究極のオーディオルーム

2017年03月13日

日本一!?との呼び声も高い、
究極のオーディオルーム「サロンドミュージック吉原」にて
大変ご好評をいただいている『名盤鑑賞会』を
3月19日(日)に開催しますので
どうぞご参加ください。

第9回名盤鑑賞会のお知らせ♪♪♪

日時
3月19日(日)

東京:JR中央線武蔵境駅

*改札口で13時45分集合
*14時開始~17時終了予定
*鑑賞会参加費:2,000円(税込・事前お振込み)
*参加者は、最大15名様までの予定です。

鑑賞予定曲
1.シベリウスの合唱曲から①舟の旅 Op.18/3、②恋するものOp.14、③わが心の歌Op.18/8、④フィンランディア讃歌Op.28/7
ヘルシンキ大学男性合唱団

2.シベリウス/ヴァイオリン協奏曲ニ長調 Op.47
ワルター・ヘンドル/シカゴ交響楽団 ハイフェッツ(v)

3.ショパン/スケルツォ第1番
エフゲニー・ザラフィアンツ(p)

4.シューベルト/ピアノ五重奏曲イ長調Op.114 D.667 「ます」
クリーヴランド弦楽四重奏団 ブレンデル(p)

5.ベートーヴェン/ピアノ協奏曲第2番変ロ長調Op.19
ジョージ・セル/クリーヴランド管弦楽団 エミール・ギレリス(p)

6.ベートーヴェン/交響曲第7番イ長調Op.92
フリッツ・ライナー/シカゴ交響楽団

7.その他

*都合により変更になる場合もありますので予めご了承ください。

ご参加お申込み方法
3月18日(土)午後15時までに

件名:第9回鑑賞会参加
・お名前
・お電話番号

をお書きの上、

salon001★classicsommelier.jp
(スパム防止の為 ★→@へ変えてください)

まで、メールをお送りください。
折り返しご連絡させていただきます。

◆4月は4月23日(日)開催予定です。

12月23日(金・祝)
究極のオーディオルーム「サロンドミュージック吉原」鑑賞会

2016年12月01日

bn-pj498_0812js_m_201608

ウォールストリートジャーナルにも「マイ電柱」が掲載された、
究極のオーディオルーム
「サロンドミュージック吉原」

12月23日(金・祝)第6回鑑賞会を行います☆彡


【究極のオーディオルーム☆彡 第6回鑑賞会のお知らせ♪♪♪】

~お好きなCDをご持参ください♪音の違いに驚かれると思います~

・マイ電柱を設置
・デジタル機器をGPSクロックにより1000億分の1秒の誤差で同期させ、デジタル化に起因する最大の問題を解消
・AUDIO機器の電源トランスヤ電子基板(ICチップ)から発生する電磁波を徹底的にコントロールすることで透明感のある自然な響きを実現
・外部との完全遮音および無音空調の導入で静寂性を追及

日本一!?の『究極のオーディオルーム』とも呼び声の高い
【サロンドミュージック吉原】で
12月23日(金・祝)14時から鑑賞会を行います☆^^☆
(※音楽を楽しむ鑑賞会です♪ 機器の販売会ではありません)

第6回鑑賞会 概要
12月23日(金・祝)
東京:JR中央線武蔵境駅
*改札口で13時45分集合
*14時開始~17時終了予定
*鑑賞会参加費:2,000円(税込・事前お振込み)
*参加者は、最大15名様までの予定です。
*お好きなCDをご持参ください。音の違いに驚かれると思います。
*人数が多い場合、ご持参のCDをかけることが出来ない場合がありますのであらかじめご了承ください。
ご参加お申込み方法
12月21日(水)20時まで

件名:視聴会参加希望
・お名前
・お電話番号
をお書きの
salon001★classicsommelier.jp
(スパム防止の為 ★→@へ変えてください)

まで、メールをお送りください。
折り返しご連絡させていただきます。

1月の開催予定
1月28日(土)14時~17時
*1月のお申込み受付はまだ開始しておりません。
サロンドミュージック吉原の設備の特徴
13498061_811036945693703_8977491861700916715_o

・外部との完全遮音および無音空調の導入で静寂性を追及しています。
・デジタルプロセッサーDEQX2台によりスピーカーから放出される音波の干渉排除、位相、タイムアライメントの調整、室内周波数特性の調整をしています。マイクの測定により音波をPCで分析し、補正データを作成しDEQXにインストールしています。
・AUDIO専用電源の確保(専用変圧トランス設置)によりクリーン電源を実現しました。
・デジタルプロセッサーDEQXの導入により、マルチスピーカーシステムによる音の干渉をコンピューターで制御し補正することで理想的な音響を実現しました。
・デジタル機器はGPSクロックにより1000億分の1秒の誤差で同期させておりデジタル化に起因する最大の問題を解消しています。
・AUDIO機器の電源トランスヤ電子基板(ICチップ)から発生する電磁波を徹底的にコントロールすることで透明感のある自然な響きを実現しました。
・スピーカーのバッフルにて反射された音波がスピーカーから直接放出される音波と干渉していることが判明し、対策を講じています。
・機器はモーターやトランス等から発生する振動が集積回路等に悪影響を及ぼすため制震調整を行う等対策を講じています。
・電源にはノイズが全く乗っていないことを測定器Noice Sunifferにより確認しています。
・室内は地下ですが、エレベーターによりバリアフリーで入室できます。
・サロンドミュージック吉原はDEQXの武蔵野視聴室となっております。

サロンドミュージック吉原の設備について
2016.6現在
AUDIOシステムの構成 4WAY 4SPEAKERS MULTI-CHANNELAMP SYSTEM
武蔵野市長室「サロンドミュージック」再生システム(PDF)

システム機器の概要

CDトランスポート:ESOTERIC P-02X
ESOTERIC P-03U(DVD再生):
 バージョンアップ、外部クロック10Mhz受信
 インシュレーター コプラーレ/コーラル・リフター
D/Aコンバーター:
 ESOTERIC D-02X
 外部クロック10Mhz受信
インシュレーター:コプラーレ/コーラル・リフター
Blue-Rayプレーヤー:OPPO NefouceからデジタルアウトD-03へ
クロックジェネレーター:
 ESOTERIC G-02 外部clock GPS信号同期10MHzで出力
 Antelope OCX(DEQX用クロックジェネレーター)と同期
GPS受信機:Trimble 34304-10 2004年製→GPSで受信したセシウムクロック信号をクロックジェネレーターG-02へ伝送
GPS受信アンテナ:Motorola Timing
GPS受信ソフト:Trimble-Thunderbolt
Ipod再生:WADIA 170iTransport
PRE-AMP ESOTERIC C-02 バージョンアップ
デジタル・シグナルプロセッサー(Antelope OCXより176.4.Khzクロック信号入力):
 DEQX HDP-EXPRESS Plus Special Version×1
 DEQX HDP-EXPRESS×1
 POWER-AMP GOLDMUND MIMESIS28バージョンアップ×2(低域、中低域用)
              JOB JOB150Te×4(モノ中高域、高域用)
 HYPER DEGAUSS LOVE HARMONY AX-W3 MK2(消磁器)
 2TRACK38 OPENTAPE RECORDER
 REBOX B-77
スピーカー:GOTO (低域用)SG-38WNSS~300Hz:96dB/Oct
スピーカーBOX:約650L(横65 縦110奥90)
YL /エール音響:
(中低域)D-55000Ⅱ改良(ダイアフラムチタンに交換)300~1,100Hz:96dB/Oct
ホーンはMB-150:コンクリートでデッドニング処理
(中高域)D-35000Ⅱ改良(ダイアフラム:チタンに交換)1,100~5,600Hz:96dB/Oct
ホーンはCO-800:コンクリートでデッドニング処理
(高域)D-18000Y改良(ダイアフラム:ベリリウムに交換)5,600Hz~
    ツィーター置き台はストーンテクノ製御影石オリジナル
 ホーンドライバーは何れもパーメンジュール仕様アルミリボン線に巻き直し、ダイアフラム交換等改造後、GOTOユニット後藤精弥氏にて調整
電磁波干渉器:Shakti Stone
電磁波吸収材:オヤイデ製吸収材その他多数設置
超低周波(シューマン共鳴波7.83Hz)発信器:ACOUSTIC REVIVE RR-777
アナログプレーヤー:MICRO BL-91
アーム:audio-technica AT-1100
トランス:audio-technica AT1000T
ピックアップ:audio-technica AT34EⅡ DENON DL-303

ケーブル類

ラインケーブル:三菱電線CX-1
スピーカーケーブル:三菱電線SP-1
電源ケーブル:三菱電線PC-1およびVITUS AUDIO アンドロメダ
GPS受信ケーブル:フジクラ8DFB

その他設備

AUDIO ROOM 地下室約20帖:
 設計 エイ・アンド・エイ・デザイン山本剛史氏
 内装工事 ヘルツ(スタジオ専門内装工事会社)
 天井高3m 
 床下50センチコンクリート打。スピーカー設置ゾーンは御影石直貼りしスピーカーを乗せ制震。
換気空調システム:
 ダイキンエアカルテットのカスタマイズ設計で完全空調と遮音設計で運転中の吐き出し音ゼロ実現
 20名まで完全換気空調(オリジナル)
プロジェクター:VICTOR DLA-HD950
スクリーン:キクチ 120インチ
室内調光:調光器ルートロン4系統照明
CD消磁器:ユキム SK-EX
床材:
 かりん無垢(浮床式)
 御影石ベルデフォンテン(固定床式)床下コンクリートに直張り
反響板:可動式QRDフラッターフリーを11枚使用
室外遮音:アルミサッシ2重設置(ガラス4枚)
エレベーター:ナショナル製ホームエレベーター3人乗り

電源・ケーブル関連

変圧トランス:高岳製作所30KVA柱上トランス(マイ柱・マイトランス):東電の系統電源6600Vを引き込み専用変圧トランスで200Vに落としています(東電工事)。
電柱:長さ17mの通常細型電柱を自宅敷地内に設置
専用分電盤:出水電器製オーディオ専用分電盤
電源ケーブル:CV22ケーブル(変圧トランス⇒建物)
CV22ケーブル(建物⇒専用分電盤)
CV5.5ケーブル(出水電器製専用分電盤より8系統⇒室内非磁性体コンセントBOXへ)
専用アース:
 機器側接地抵抗値13Ω(延べ30mのアース棒埋設)出水電器施工
 電源側接地抵抗値5Ω(20m×2のアース棒埋設)東電施工
電源関係資材にはチタンを使用しており鉄は使用しておりません。

ウォールストリートジャーナル~究極のオーディオマニアが行き着く「マイ電柱」
音質を極限まで高めるために

※「サロンドミュージック吉原」の「吉」の正式表記は「つちかんむり」ですが、文字化けの可能性が高いので、一般的な「さむらい」の表記とさせていただきました。

11月20日(日)
究極のオーディオルーム「サロンドミュージック吉原」鑑賞会

2016年11月15日

bn-pj498_0812js_m_201608

ウォールストリートジャーナルにも「マイ電柱」が掲載された、
究極のオーディオルーム
「サロンドミュージック吉原」

11月20日(日)第5回鑑賞会を行います☆彡


【究極のオーディオルーム☆彡 第5回鑑賞会のお知らせ♪♪♪】

~お好きなCDをご持参ください♪音の違いに驚かれると思います~

・マイ電柱を設置
・デジタル機器をGPSクロックにより1000億分の1秒の誤差で同期させ、デジタル化に起因する最大の問題を解消
・AUDIO機器の電源トランスヤ電子基板(ICチップ)から発生する電磁波を徹底的にコントロールすることで透明感のある自然な響きを実現
・外部との完全遮音および無音空調の導入で静寂性を追及

日本一!?の『究極のオーディオルーム』とも呼び声の高い
【サロンドミュージック吉原】で
11月20日(日)14時から鑑賞会を行います☆^^☆
(※音楽を楽しむ鑑賞会です♪ 機器の販売会ではありません)

第5回鑑賞会 概要
11月20日(日)
東京:JR中央線武蔵境駅
*改札口で13時45分集合
*14時開始~17時終了予定
*鑑賞会参加費:2,000円(税込・事前お振込み)
*参加者は、最大15名様までの予定です。
*お好きなCDをご持参ください。音の違いに驚かれると思います。
*人数が多い場合、ご持参のCDをかけることが出来ない場合がありますのであらかじめご了承ください。
ご参加お申込み方法
11月18日(金)20時まで

件名:視聴会参加希望
・お名前
・お電話番号
をお書きの
salon001★classicsommelier.jp
(スパム防止の為 ★→@へ変えてください)

まで、メールをお送りください。
折り返しご連絡させていただきます。

12月の開催予定
12月23日(金・祝日)14時~17時
*12月のお申込み受付はまだ開始しておりません。
サロンドミュージック吉原の設備の特徴
13498061_811036945693703_8977491861700916715_o

・外部との完全遮音および無音空調の導入で静寂性を追及しています。
・デジタルプロセッサーDEQX2台によりスピーカーから放出される音波の干渉排除、位相、タイムアライメントの調整、室内周波数特性の調整をしています。マイクの測定により音波をPCで分析し、補正データを作成しDEQXにインストールしています。
・AUDIO専用電源の確保(専用変圧トランス設置)によりクリーン電源を実現しました。
・デジタルプロセッサーDEQXの導入により、マルチスピーカーシステムによる音の干渉をコンピューターで制御し補正することで理想的な音響を実現しました。
・デジタル機器はGPSクロックにより1000億分の1秒の誤差で同期させておりデジタル化に起因する最大の問題を解消しています。
・AUDIO機器の電源トランスヤ電子基板(ICチップ)から発生する電磁波を徹底的にコントロールすることで透明感のある自然な響きを実現しました。
・スピーカーのバッフルにて反射された音波がスピーカーから直接放出される音波と干渉していることが判明し、対策を講じています。
・機器はモーターやトランス等から発生する振動が集積回路等に悪影響を及ぼすため制震調整を行う等対策を講じています。
・電源にはノイズが全く乗っていないことを測定器Noice Sunifferにより確認しています。
・室内は地下ですが、エレベーターによりバリアフリーで入室できます。
・サロンドミュージック吉原はDEQXの武蔵野視聴室となっております。

サロンドミュージック吉原の設備について
2016.6現在
AUDIOシステムの構成 4WAY 4SPEAKERS MULTI-CHANNELAMP SYSTEM
武蔵野市長室「サロンドミュージック」再生システム(PDF)

システム機器の概要

CDトランスポート:ESOTERIC P-02X
ESOTERIC P-03U(DVD再生):
 バージョンアップ、外部クロック10Mhz受信
 インシュレーター コプラーレ/コーラル・リフター
D/Aコンバーター:
 ESOTERIC D-02X
 外部クロック10Mhz受信
インシュレーター:コプラーレ/コーラル・リフター
Blue-Rayプレーヤー:OPPO NefouceからデジタルアウトD-03へ
クロックジェネレーター:
 ESOTERIC G-02 外部clock GPS信号同期10MHzで出力
 Antelope OCX(DEQX用クロックジェネレーター)と同期
GPS受信機:Trimble 34304-10 2004年製→GPSで受信したセシウムクロック信号をクロックジェネレーターG-02へ伝送
GPS受信アンテナ:Motorola Timing
GPS受信ソフト:Trimble-Thunderbolt
Ipod再生:WADIA 170iTransport
PRE-AMP ESOTERIC C-02 バージョンアップ
デジタル・シグナルプロセッサー(Antelope OCXより176.4.Khzクロック信号入力):
 DEQX HDP-EXPRESS Plus Special Version×1
 DEQX HDP-EXPRESS×1
 POWER-AMP GOLDMUND MIMESIS28バージョンアップ×2(低域、中低域用)
              JOB JOB150Te×4(モノ中高域、高域用)
 HYPER DEGAUSS LOVE HARMONY AX-W3 MK2(消磁器)
 2TRACK38 OPENTAPE RECORDER
 REBOX B-77
スピーカー:GOTO (低域用)SG-38WNSS~300Hz:96dB/Oct
スピーカーBOX:約650L(横65 縦110奥90)
YL /エール音響:
(中低域)D-55000Ⅱ改良(ダイアフラムチタンに交換)300~1,100Hz:96dB/Oct
ホーンはMB-150:コンクリートでデッドニング処理
(中高域)D-35000Ⅱ改良(ダイアフラム:チタンに交換)1,100~5,600Hz:96dB/Oct
ホーンはCO-800:コンクリートでデッドニング処理
(高域)D-18000Y改良(ダイアフラム:ベリリウムに交換)5,600Hz~
    ツィーター置き台はストーンテクノ製御影石オリジナル
 ホーンドライバーは何れもパーメンジュール仕様アルミリボン線に巻き直し、ダイアフラム交換等改造後、GOTOユニット後藤精弥氏にて調整
電磁波干渉器:Shakti Stone
電磁波吸収材:オヤイデ製吸収材その他多数設置
超低周波(シューマン共鳴波7.83Hz)発信器:ACOUSTIC REVIVE RR-777
アナログプレーヤー:MICRO BL-91
アーム:audio-technica AT-1100
トランス:audio-technica AT1000T
ピックアップ:audio-technica AT34EⅡ DENON DL-303

ケーブル類

ラインケーブル:三菱電線CX-1
スピーカーケーブル:三菱電線SP-1
電源ケーブル:三菱電線PC-1およびVITUS AUDIO アンドロメダ
GPS受信ケーブル:フジクラ8DFB

その他設備

AUDIO ROOM 地下室約20帖:
 設計 エイ・アンド・エイ・デザイン山本剛史氏
 内装工事 ヘルツ(スタジオ専門内装工事会社)
 天井高3m 
 床下50センチコンクリート打。スピーカー設置ゾーンは御影石直貼りしスピーカーを乗せ制震。
換気空調システム:
 ダイキンエアカルテットのカスタマイズ設計で完全空調と遮音設計で運転中の吐き出し音ゼロ実現
 20名まで完全換気空調(オリジナル)
プロジェクター:VICTOR DLA-HD950
スクリーン:キクチ 120インチ
室内調光:調光器ルートロン4系統照明
CD消磁器:ユキム SK-EX
床材:
 かりん無垢(浮床式)
 御影石ベルデフォンテン(固定床式)床下コンクリートに直張り
反響板:可動式QRDフラッターフリーを11枚使用
室外遮音:アルミサッシ2重設置(ガラス4枚)
エレベーター:ナショナル製ホームエレベーター3人乗り

電源・ケーブル関連

変圧トランス:高岳製作所30KVA柱上トランス(マイ柱・マイトランス):東電の系統電源6600Vを引き込み専用変圧トランスで200Vに落としています(東電工事)。
電柱:長さ17mの通常細型電柱を自宅敷地内に設置
専用分電盤:出水電器製オーディオ専用分電盤
電源ケーブル:CV22ケーブル(変圧トランス⇒建物)
CV22ケーブル(建物⇒専用分電盤)
CV5.5ケーブル(出水電器製専用分電盤より8系統⇒室内非磁性体コンセントBOXへ)
専用アース:
 機器側接地抵抗値13Ω(延べ30mのアース棒埋設)出水電器施工
 電源側接地抵抗値5Ω(20m×2のアース棒埋設)東電施工
電源関係資材にはチタンを使用しており鉄は使用しておりません。

ウォールストリートジャーナル~究極のオーディオマニアが行き着く「マイ電柱」
音質を極限まで高めるために

※「サロンドミュージック吉原」の「吉」の正式表記は「つちかんむり」ですが、文字化けの可能性が高いので、一般的な「さむらい」の表記とさせていただきました。

4月1日
ワイン付きコンサート! 音楽とワインでウィーンを満喫!

2016年10月20日

event_hakuju20170401
画像クリックで、PDFが開きます。

10月30日一般発売開始☆彡

ワイン付きコンサート!
音楽とワインでウィーンを満喫!
ALL ABOUT VIENNA 
~オール アバウト ウィーン ワイン・コンサート 2017

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

古より音楽にワインはつきもの! ということで、“音楽の都ウィーン”の魅力を音楽とワインの両面で親しむ素敵な時間をご提案。

ウィーンゆかりの音楽家たちとオーストリアの名門グロッサーワイン、そしてピアノはウィーンの名器ベーゼンドルファーが用意され、この日Hakuju Hallはウィーンのサロンに様変わり。

まさに日本に居ながらにしてウィーン観光を楽しむようなひとときはいかが?

日時
2017年4月1日(土)14:00開演(13:30開場)
※グラスワイン付き。ワイングラスはお持ち帰りいただけます。
※13:00よりホール1階サロンにて、ウィーンの香り満載のウエルカム・コンサートを開催致します。
出演
ヴァイオリン:前田朋子 /ピアノ:三輪郁、山口友由実 /ソプラノ:市原愛
プログラム
クライスラー :テンポ・ディ・ミヌエット
       :愛の喜び
       :愛の悲しみ
       :美しきロスマリン
       :前奏曲とアレグロ
ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第5番「春」
シューベルト:即興曲作品90−3
ヨハン・シュトラウスⅡ世:「こうもり」公爵様、あなたのようなお方は
              :「ヴェネツィアの一夜」ほろ酔い気分
カールマン:「チャールダシュの女王」山こそわが心の故郷
ほか

※プログラムは変更の可能性があります。

お楽しみいただくグロッサーワインとは

オーストリア・南ブルゲンラントに位置するワイン蔵「グロッサーワイン」は、アイゼンベルクというハンガリー国境に近い所にぶどう畑があります。
オーストリアの有名なデザイナーがラベルを担当。

ウィーン楽友協会で毎年1月に行われるウィーン三大舞踏会の一つである、ウィーンフィルのバルのイメージにぴったりという事で、現ウィーンフィル団長のグロースバウアー氏(当時バル担当)が気に入り、2014年以降のバルから、ラベルのデザインを取り入れた特別バーが作られ提供しています。

そして、アイゼンベルク地方のワインは、ヨーロッパ随一のアンチエイジング成分が含まれているとされています。銘柄のブラウフレンキッシュは、オーストリア原産のぶどう品種で、その特徴は昔ながらの1リッター瓶でたっぷり頂けるのが魅力です。それが「グローサーワイン」(大きなワイン)と命名された由来です。

会場
Hakuju Hall(ハクジュホール)[WEB]
チケット

全席指定5800円(税込)
※一般発売開始日:10月30日(日)
※未就学児入場不可

チケットお申込み ※一般発売開始日:10月30日(日)
  • Hakuju Hallチケットセンター 03-5478-8700
    (祝日、休館日を除く火~土 10:00~18:00)
  • Hakuju Hallオンラインチケット予約
    https://www.hakujuhall.jp/ticket/ticket.php
  • チケットぴあ 0570−02−9999(Pコード:314-331)
    http://t.pia.jp/
  • イープラス
    http://eplus.jp/
  • ローソンチケット 0570‐084-003 (Lコード:34760)
    オペレーター対応(10:00−20:00) 0570−000−407
    http://l-tike.com
その他
◆主催:一般財団法人日本クラシックソムリエ協会
◆共催:Hakuju Hall/株式会社白寿生科学研究所
◆協賛:グロッサーワイン/ベーゼンドルファー・ジャパン
◆後援:オーストリア大使館・オーストリア文化フォーラム/オーストリア政府観光局/ウィーン在日代表部/前田朋子後援会/郁の会
問合せ
日本クラシックソムリエ協会 03-6300-6527(平日10:00-18:00)

10月29日(土)
究極のオーディオルーム「サロンドミュージック吉原」鑑賞会

2016年10月07日

bn-pj498_0812js_m_201608

ウォールストリートジャーナルにも「マイ電柱」が掲載された、
究極のオーディオルーム
「サロンドミュージック吉原」

10月29日(土)第4回鑑賞会を行います☆彡


【究極のオーディオルーム☆彡 第4回鑑賞会のお知らせ♪♪♪】

~お好きなCDをご持参ください♪音の違いに驚かれると思います~

・マイ電柱を設置
・デジタル機器をGPSクロックにより1000億分の1秒の誤差で同期させ、デジタル化に起因する最大の問題を解消
・AUDIO機器の電源トランスヤ電子基板(ICチップ)から発生する電磁波を徹底的にコントロールすることで透明感のある自然な響きを実現
・外部との完全遮音および無音空調の導入で静寂性を追及

日本一!?の『究極のオーディオルーム』とも呼び声の高い
【サロンドミュージック吉原】で
10月29日(土)14時から鑑賞会を行います☆^^☆
(※音楽を楽しむ鑑賞会です♪ 機器の販売会ではありません)

第4回鑑賞会 概要
10月29日(土)
東京:JR中央線武蔵境駅
*改札口で13時45分集合
*14時開始~17時終了予定
*鑑賞会参加費:2,000円(税込・事前お振込み)
*参加者は、最大15名様までの予定です。
*お好きなCDをご持参ください。音の違いに驚かれると思います。
*人数が多い場合、ご持参のCDをかけることが出来ない場合がありますのであらかじめご了承ください。
ご参加お申込み方法
10月27日(木)20時まで

件名:視聴会参加希望
・お名前
・お電話番号
をお書きの
salon001★classicsommelier.jp
(スパム防止の為 ★→@へ変えてください)

まで、メールをお送りください。
折り返しご連絡させていただきます。

11月の開催予定
11月20日(日)14時~17時
*11月のお申込み受付はまだ開始しておりません。
サロンドミュージック吉原の設備の特徴
13498061_811036945693703_8977491861700916715_o

・外部との完全遮音および無音空調の導入で静寂性を追及しています。
・デジタルプロセッサーDEQX2台によりスピーカーから放出される音波の干渉排除、位相、タイムアライメントの調整、室内周波数特性の調整をしています。マイクの測定により音波をPCで分析し、補正データを作成しDEQXにインストールしています。
・AUDIO専用電源の確保(専用変圧トランス設置)によりクリーン電源を実現しました。
・デジタルプロセッサーDEQXの導入により、マルチスピーカーシステムによる音の干渉をコンピューターで制御し補正することで理想的な音響を実現しました。
・デジタル機器はGPSクロックにより1000億分の1秒の誤差で同期させておりデジタル化に起因する最大の問題を解消しています。
・AUDIO機器の電源トランスヤ電子基板(ICチップ)から発生する電磁波を徹底的にコントロールすることで透明感のある自然な響きを実現しました。
・スピーカーのバッフルにて反射された音波がスピーカーから直接放出される音波と干渉していることが判明し、対策を講じています。
・機器はモーターやトランス等から発生する振動が集積回路等に悪影響を及ぼすため制震調整を行う等対策を講じています。
・電源にはノイズが全く乗っていないことを測定器Noice Sunifferにより確認しています。
・室内は地下ですが、エレベーターによりバリアフリーで入室できます。
・サロンドミュージック吉原はDEQXの武蔵野視聴室となっております。

サロンドミュージック吉原の設備について
2016.6現在
AUDIOシステムの構成 4WAY 4SPEAKERS MULTI-CHANNELAMP SYSTEM
武蔵野市長室「サロンドミュージック」再生システム(PDF)

システム機器の概要

CDトランスポート:ESOTERIC P-02X
ESOTERIC P-03U(DVD再生):
 バージョンアップ、外部クロック10Mhz受信
 インシュレーター コプラーレ/コーラル・リフター
D/Aコンバーター:
 ESOTERIC D-02X
 外部クロック10Mhz受信
インシュレーター:コプラーレ/コーラル・リフター
Blue-Rayプレーヤー:OPPO NefouceからデジタルアウトD-03へ
クロックジェネレーター:
 ESOTERIC G-02 外部clock GPS信号同期10MHzで出力
 Antelope OCX(DEQX用クロックジェネレーター)と同期
GPS受信機:Trimble 34304-10 2004年製→GPSで受信したセシウムクロック信号をクロックジェネレーターG-02へ伝送
GPS受信アンテナ:Motorola Timing
GPS受信ソフト:Trimble-Thunderbolt
Ipod再生:WADIA 170iTransport
PRE-AMP ESOTERIC C-02 バージョンアップ
デジタル・シグナルプロセッサー(Antelope OCXより176.4.Khzクロック信号入力):
 DEQX HDP-EXPRESS Plus Special Version×1
 DEQX HDP-EXPRESS×1
 POWER-AMP GOLDMUND MIMESIS28バージョンアップ×2(低域、中低域用)
              JOB JOB150Te×4(モノ中高域、高域用)
 HYPER DEGAUSS LOVE HARMONY AX-W3 MK2(消磁器)
 2TRACK38 OPENTAPE RECORDER
 REBOX B-77
スピーカー:GOTO (低域用)SG-38WNSS~300Hz:96dB/Oct
スピーカーBOX:約650L(横65 縦110奥90)
YL /エール音響:
(中低域)D-55000Ⅱ改良(ダイアフラムチタンに交換)300~1,100Hz:96dB/Oct
ホーンはMB-150:コンクリートでデッドニング処理
(中高域)D-35000Ⅱ改良(ダイアフラム:チタンに交換)1,100~5,600Hz:96dB/Oct
ホーンはCO-800:コンクリートでデッドニング処理
(高域)D-18000Y改良(ダイアフラム:ベリリウムに交換)5,600Hz~
    ツィーター置き台はストーンテクノ製御影石オリジナル
 ホーンドライバーは何れもパーメンジュール仕様アルミリボン線に巻き直し、ダイアフラム交換等改造後、GOTOユニット後藤精弥氏にて調整
電磁波干渉器:Shakti Stone
電磁波吸収材:オヤイデ製吸収材その他多数設置
超低周波(シューマン共鳴波7.83Hz)発信器:ACOUSTIC REVIVE RR-777
アナログプレーヤー:MICRO BL-91
アーム:audio-technica AT-1100
トランス:audio-technica AT1000T
ピックアップ:audio-technica AT34EⅡ DENON DL-303

ケーブル類

ラインケーブル:三菱電線CX-1
スピーカーケーブル:三菱電線SP-1
電源ケーブル:三菱電線PC-1およびVITUS AUDIO アンドロメダ
GPS受信ケーブル:フジクラ8DFB

その他設備

AUDIO ROOM 地下室約20帖:
 設計 エイ・アンド・エイ・デザイン山本剛史氏
 内装工事 ヘルツ(スタジオ専門内装工事会社)
 天井高3m 
 床下50センチコンクリート打。スピーカー設置ゾーンは御影石直貼りしスピーカーを乗せ制震。
換気空調システム:
 ダイキンエアカルテットのカスタマイズ設計で完全空調と遮音設計で運転中の吐き出し音ゼロ実現
 20名まで完全換気空調(オリジナル)
プロジェクター:VICTOR DLA-HD950
スクリーン:キクチ 120インチ
室内調光:調光器ルートロン4系統照明
CD消磁器:ユキム SK-EX
床材:
 かりん無垢(浮床式)
 御影石ベルデフォンテン(固定床式)床下コンクリートに直張り
反響板:可動式QRDフラッターフリーを11枚使用
室外遮音:アルミサッシ2重設置(ガラス4枚)
エレベーター:ナショナル製ホームエレベーター3人乗り

電源・ケーブル関連

変圧トランス:高岳製作所30KVA柱上トランス(マイ柱・マイトランス):東電の系統電源6600Vを引き込み専用変圧トランスで200Vに落としています(東電工事)。
電柱:長さ17mの通常細型電柱を自宅敷地内に設置
専用分電盤:出水電器製オーディオ専用分電盤
電源ケーブル:CV22ケーブル(変圧トランス⇒建物)
CV22ケーブル(建物⇒専用分電盤)
CV5.5ケーブル(出水電器製専用分電盤より8系統⇒室内非磁性体コンセントBOXへ)
専用アース:
 機器側接地抵抗値13Ω(延べ30mのアース棒埋設)出水電器施工
 電源側接地抵抗値5Ω(20m×2のアース棒埋設)東電施工
電源関係資材にはチタンを使用しており鉄は使用しておりません。

ウォールストリートジャーナル~究極のオーディオマニアが行き着く「マイ電柱」
音質を極限まで高めるために

※「サロンドミュージック吉原」の「吉」の正式表記は「つちかんむり」ですが、文字化けの可能性が高いので、一般的な「さむらい」の表記とさせていただきました。

モエ・エ・シャンドンpresents 神楽坂The GLEE×日本クラシックソムリエ協会
サロンコンサートが始まります☆

2016年09月17日


[画像をクリックすると、大きなサイズで見られます]

神楽坂のライブ空間、TheGLEEをご存知ですか?
ライブ空間…といいながら、音響にこだわったその形状は、まるで小型コンサートホール。ピアノは1925年製のニューヨークスタインウェイが常設されています。

この場所で、世界で愛されるシャンパーニュのメゾン、モエ・エ・シャンドンとコラボレーションした演奏会シリーズが始まります。

第1回には宮谷理香さん(10月7日)、第2回には青柳晋さん(11月11日)が登場。

すばらしいピアニストの演奏、全70席の規模ながら音響バッチリの空間、さらに、モエのシャンパンとお酒に合わせたフィンガーフードも楽しめるという、超贅沢な演奏会です。

シャンパン&フード付き7,000円(最前列指定席のみ9,000円)

プログラムと予約方法は、下記のリンクをご覧ください。

10月7日 宮谷理香さん
rikamiyatani

[プログラムと予約方法]

11月11日 青柳晋さん
shinaoyagi

[プログラムと予約方法]

9月25日(土)
究極のオーディオルーム「サロンドミュージック吉原」鑑賞会

2016年09月16日

bn-pj498_0812js_m_201608

ウォールストリートジャーナルにも「マイ電柱」が掲載された、
究極のオーディオルーム
「サロンドミュージック吉原」

9月25日(土)第3回鑑賞会を行います☆彡


【究極のオーディオルーム☆彡 第3回鑑賞会のお知らせ♪♪♪】

~お好きなCDをご持参ください♪音の違いに驚かれると思います~

・マイ電柱を設置
・デジタル機器をGPSクロックにより1000億分の1秒の誤差で同期させ、デジタル化に起因する最大の問題を解消
・AUDIO機器の電源トランスヤ電子基板(ICチップ)から発生する電磁波を徹底的にコントロールすることで透明感のある自然な響きを実現
・外部との完全遮音および無音空調の導入で静寂性を追及

日本一!?の『究極のオーディオルーム』とも呼び声の高い
【サロンドミュージック吉原】で
9月25日(土)14時から鑑賞会を行います☆^^☆
(※音楽を楽しむ鑑賞会です♪ 機器の販売会ではありません)

第3回鑑賞会 概要
9月25日(土)
東京:JR中央線武蔵境駅
*改札口で13時45分集合
*14時開始~17時終了予定
*鑑賞会参加費:2,000円(税込・事前お振込み)
*参加者は、最大15名様までの予定です。
*お好きなCDをご持参ください。音の違いに驚かれると思います。
*人数が多い場合、ご持参のCDをかけることが出来ない場合がありますのであらかじめご了承ください。
ご参加お申込み方法
9月23日(木)20時まで

件名:視聴会参加希望
・お名前
・お電話番号
をお書きの
salon001★classicsommelier.jp
(スパム防止の為 ★→@へ変えてください)

まで、メールをお送りください。
折り返しご連絡させていただきます。

10月と11月の開催予定
10月29日(土)14時~17時
11月20日(日)14時~17時
*10月と11月のお申込み受付はまだ開始しておりません。
サロンドミュージック吉原の設備の特徴
13498061_811036945693703_8977491861700916715_o

・外部との完全遮音および無音空調の導入で静寂性を追及しています。
・デジタルプロセッサーDEQX2台によりスピーカーから放出される音波の干渉排除、位相、タイムアライメントの調整、室内周波数特性の調整をしています。マイクの測定により音波をPCで分析し、補正データを作成しDEQXにインストールしています。
・AUDIO専用電源の確保(専用変圧トランス設置)によりクリーン電源を実現しました。
・デジタルプロセッサーDEQXの導入により、マルチスピーカーシステムによる音の干渉をコンピューターで制御し補正することで理想的な音響を実現しました。
・デジタル機器はGPSクロックにより1000億分の1秒の誤差で同期させておりデジタル化に起因する最大の問題を解消しています。
・AUDIO機器の電源トランスヤ電子基板(ICチップ)から発生する電磁波を徹底的にコントロールすることで透明感のある自然な響きを実現しました。
・スピーカーのバッフルにて反射された音波がスピーカーから直接放出される音波と干渉していることが判明し、対策を講じています。
・機器はモーターやトランス等から発生する振動が集積回路等に悪影響を及ぼすため制震調整を行う等対策を講じています。
・電源にはノイズが全く乗っていないことを測定器Noice Sunifferにより確認しています。
・室内は地下ですが、エレベーターによりバリアフリーで入室できます。
・サロンドミュージック吉原はDEQXの武蔵野視聴室となっております。

サロンドミュージック吉原の設備について
2016.6現在
AUDIOシステムの構成 4WAY 4SPEAKERS MULTI-CHANNELAMP SYSTEM
武蔵野市長室「サロンドミュージック」再生システム(PDF)

システム機器の概要

CDトランスポート:ESOTERIC P-02X
ESOTERIC P-03U(DVD再生):
 バージョンアップ、外部クロック10Mhz受信
 インシュレーター コプラーレ/コーラル・リフター
D/Aコンバーター:
 ESOTERIC D-02X
 外部クロック10Mhz受信
インシュレーター:コプラーレ/コーラル・リフター
Blue-Rayプレーヤー:OPPO NefouceからデジタルアウトD-03へ
クロックジェネレーター:
 ESOTERIC G-02 外部clock GPS信号同期10MHzで出力
 Antelope OCX(DEQX用クロックジェネレーター)と同期
GPS受信機:Trimble 34304-10 2004年製→GPSで受信したセシウムクロック信号をクロックジェネレーターG-02へ伝送
GPS受信アンテナ:Motorola Timing
GPS受信ソフト:Trimble-Thunderbolt
Ipod再生:WADIA 170iTransport
PRE-AMP ESOTERIC C-02 バージョンアップ
デジタル・シグナルプロセッサー(Antelope OCXより176.4.Khzクロック信号入力):
 DEQX HDP-EXPRESS Plus Special Version×1
 DEQX HDP-EXPRESS×1
 POWER-AMP GOLDMUND MIMESIS28バージョンアップ×2(低域、中低域用)
              JOB JOB150Te×4(モノ中高域、高域用)
 HYPER DEGAUSS LOVE HARMONY AX-W3 MK2(消磁器)
 2TRACK38 OPENTAPE RECORDER
 REBOX B-77
スピーカー:GOTO (低域用)SG-38WNSS~300Hz:96dB/Oct
スピーカーBOX:約650L(横65 縦110奥90)
YL /エール音響:
(中低域)D-55000Ⅱ改良(ダイアフラムチタンに交換)300~1,100Hz:96dB/Oct
ホーンはMB-150:コンクリートでデッドニング処理
(中高域)D-35000Ⅱ改良(ダイアフラム:チタンに交換)1,100~5,600Hz:96dB/Oct
ホーンはCO-800:コンクリートでデッドニング処理
(高域)D-18000Y改良(ダイアフラム:ベリリウムに交換)5,600Hz~
    ツィーター置き台はストーンテクノ製御影石オリジナル
 ホーンドライバーは何れもパーメンジュール仕様アルミリボン線に巻き直し、ダイアフラム交換等改造後、GOTOユニット後藤精弥氏にて調整
電磁波干渉器:Shakti Stone
電磁波吸収材:オヤイデ製吸収材その他多数設置
超低周波(シューマン共鳴波7.83Hz)発信器:ACOUSTIC REVIVE RR-777
アナログプレーヤー:MICRO BL-91
アーム:audio-technica AT-1100
トランス:audio-technica AT1000T
ピックアップ:audio-technica AT34EⅡ DENON DL-303

ケーブル類

ラインケーブル:三菱電線CX-1
スピーカーケーブル:三菱電線SP-1
電源ケーブル:三菱電線PC-1およびVITUS AUDIO アンドロメダ
GPS受信ケーブル:フジクラ8DFB

その他設備

AUDIO ROOM 地下室約20帖:
 設計 エイ・アンド・エイ・デザイン山本剛史氏
 内装工事 ヘルツ(スタジオ専門内装工事会社)
 天井高3m 
 床下50センチコンクリート打。スピーカー設置ゾーンは御影石直貼りしスピーカーを乗せ制震。
換気空調システム:
 ダイキンエアカルテットのカスタマイズ設計で完全空調と遮音設計で運転中の吐き出し音ゼロ実現
 20名まで完全換気空調(オリジナル)
プロジェクター:VICTOR DLA-HD950
スクリーン:キクチ 120インチ
室内調光:調光器ルートロン4系統照明
CD消磁器:ユキム SK-EX
床材:
 かりん無垢(浮床式)
 御影石ベルデフォンテン(固定床式)床下コンクリートに直張り
反響板:可動式QRDフラッターフリーを11枚使用
室外遮音:アルミサッシ2重設置(ガラス4枚)
エレベーター:ナショナル製ホームエレベーター3人乗り

電源・ケーブル関連

変圧トランス:高岳製作所30KVA柱上トランス(マイ柱・マイトランス):東電の系統電源6600Vを引き込み専用変圧トランスで200Vに落としています(東電工事)。
電柱:長さ17mの通常細型電柱を自宅敷地内に設置
専用分電盤:出水電器製オーディオ専用分電盤
電源ケーブル:CV22ケーブル(変圧トランス⇒建物)
CV22ケーブル(建物⇒専用分電盤)
CV5.5ケーブル(出水電器製専用分電盤より8系統⇒室内非磁性体コンセントBOXへ)
専用アース:
 機器側接地抵抗値13Ω(延べ30mのアース棒埋設)出水電器施工
 電源側接地抵抗値5Ω(20m×2のアース棒埋設)東電施工
電源関係資材にはチタンを使用しており鉄は使用しておりません。

ウォールストリートジャーナル~究極のオーディオマニアが行き着く「マイ電柱」
音質を極限まで高めるために

※「サロンドミュージック吉原」の「吉」の正式表記は「つちかんむり」ですが、文字化けの可能性が高いので、一般的な「さむらい」の表記とさせていただきました。

3/3(木)、4(金)
西川悟平 ~7本指でNYから世界を感動させる奇跡のピアニスト~

2016年02月17日

2016年3月3日(木) 4日(金)
浜離宮朝日ホールワンマンライブ決定!!

西川悟平 プロフィール

ニューヨークを拠点として活動し、カーネギーホールなどで聴衆を熱狂させているピアニスト西川悟平。輝かしいキャリアの途中でジストニアという難病に冒されながらも再起を目ざし、再び演奏できるようになったという奇跡の音楽家です。

浜離宮朝日ホールで行われるリサイタルは、そうした彼の追求してきた音・音楽のエッセンスに接することができる貴重な時間。
クラシックから映画音楽や彼のオリジナル作品で構成されるプログラムにトークを交えたステージには得がたい感動体験が満載です。

NY紀伊国屋書店で№1になった
朝日新聞出版刊『7本指のピアニスト』もぜひお読み下さい☆

彼の人柄などは、
公式フェイスブックのプロフィールなど
ぜひお読み下さい♪
↓ ↓ ↓
https://www.facebook.com/gohei.piano/info/?tab=page_info

◆東京公演詳細はこちら
↓ ↓ ↓
http://gohei.info/information.html

演奏予定曲

1.松藤由里:プレリュード イ短調
2.松藤由里:G. N. ファンタジー
3.プーランク:即興曲 15番
4.ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第8番「悲愴」 2楽章
5.ポンセ:インテルメッツォ
6.ブルグミュラー:ゴンドラの船頭歌
7.シューマン:ノベレッテ 第8番
8.サルトーリ:タイム・トゥ・セイ・グッバイ
9.モリコーネ:ニュー・シネマ・パラダイス

イベント情報

日時
2016年3月3日(木) ,4日(金) 開場-18:30 開始-19:00
チケット
各日全席指定 5,000円(税込)
開催場所
浜離宮朝日ホール
[MAP]
アクセス
「築地市場駅」都営大江戸線(A2出口)すぐ
「築地駅」東京メトロ日比谷線(1、2番出口)より徒歩約8分
「東銀座駅」東京メトロ日比谷線/都営浅草線(6番出口)より徒歩約8分
「汐留駅」都営大江戸線(新橋駅方面改札口)
新交通ゆりかもめ(改札口)より徒歩約10分
「新橋駅」JR(汐留口)
東京メトロ銀座線(1、2番出口)
都営浅草線(改札口)より徒歩約15分
チケットのお求め先
◎チケットぴあ 0570-02-9999 【Pコード:283-217】http://w.pia.jp/a/gohei
◎イープラス http://urx.blue/s7RT
◎朝日ホール・チケットセンター 03-3267-9990(日・祝除く10:00〜18:00)

【問い合わせ】

◆ご不明なことがあれば、こちらまで☆
↓ ↓ ↓
ブランケット・プロジェクト
電話:050-3539-9525(平日10~17時)

【主催】

TOKYO FM、TOKYO MX、朝日新聞社、西川悟平コンサート制作委員会

【協賛】

ベーゼンドルファー・ジャパン

【企画制作】

日本クラシックソムリエ協会

3/28(月) 宮谷理香 ピアノ・リサイタル Vol.3

2016年01月22日

95年ショパン国際ピアノコンクール第5位入賞者。
知的な構成力と色彩感豊かな演奏が定評の宮谷理香さんのG-Callサロンでの3度目のリサイタル。
ワイン片手に少人数で囲んで聞く贅沢をお楽しみください。

今年6月の当サロンでのリサイタルでは、圧倒的なテクニックで、ベートーヴェン、矢代秋雄、 ショパンまで、幅広いジャンルの曲を優雅に聴かせた宮谷理香。

G-Callサロンに3度目の登場です。

演奏予定曲

未定 ※決まり次第、G-Callサロンホームページにて公開します

宮谷理香プロフィール

金沢に生まれる。桐朋学園大学卒業、同研究科修了。

主な受賞歴
95年第13回ショパン国際ピアノコンクール第5位入賞
第23回日本ショパン協会賞、飛騨古川音楽大賞新人賞、他受賞。
主なコンサート
96年サントリーホール(東京)、いずみホール(大阪)にてデビュー。

これまでにパリのサル・プレイエル(サル・ショパン)をはじめ、ウィーンのグラフェネック城、ポーランドのワルシャワ フィルハーモニーホール、チェコのノヴェ・メストなどでのリサイタル
開催のほか、ドゥシニキ国際ショパンフェスティバル、99年ショパン没後150年演奏会(ポーランド四都市)、02年国際交流基金の派遣による演奏会(ポーランド二都市/スペイン四都市)、中国の蘇州における日中友好コンサート等にも招待されている。

01年、04年、09年ライプツィヒ弦楽四重奏団、10年スロヴァキア・フィルハーモニー管弦楽団(L.スワロフスキー指揮)と共演。
05年、10年日本ショパン協会主催ショパンコンクール審査員。ショパン作品を中心に様々な作曲家を取り上げたリサイタル・シリーズ「宮谷理香と廻るショパンの旅(2001-2010)」を10年に
亘り開催、大きな反響を呼ぶ。

主な録音
ショパン名曲集CD【Rika Plays Chopin】シリーズの「SCHERZO」(09年)、「SONATA」(10年)、【Rika Plays Fantaisie】シリーズ「Brin 芽」(11年) 、「Rain Tree樹」(12年)、「Impromptus 彩」(13年)、デュオ・グレイスのデビューCD「GRACE」(11年)はレコード芸術誌特選盤。
松岡貞子、 アンジェイ・ヤシンスキ、ピオトル・パレチニ、ハリーナ=チェルニー・ステファンスカ、園田高弘各氏に師事。

イベント情報

日時
2016年3月28日(月) 開場-18:30 開始-19:00
募集人数
50名
参加費
3,500円(税抜) 1ドリンクつき
開催場所
G-Call Clubサロン(東京デザインセンター5階)
アクセス
JR山手線 五反田駅東口より徒歩2分
都営浅草線 五反田駅A7出口正面
東急池上線 五反田駅より徒歩3分
お申込み
「G-Callサロン」ホームページ
共催
G-Call